英会話カフェの効果

英会話カフェとはなんともオシャレな響きのレッスン形態ですよね。
参加してみた事がないという方の為にどういったものかレビュー記事を書かせていただいてます。


そもそも英語カフェってなんなの?

主にグループレッスン感覚。混雑状況によってはマンツーマン状態も

ポイント

英会話カフェというのは、基本筋は”カフェ”に近い飲食店(※普通にお酒OKのところもあります)または飲食スペースを使い、予約なしでも来店してスタッフ(講師)達と英会話を楽しめるというスタイルの英会話を楽しむためのサービスです。料金であったり詳細が店舗により異なります。
基本的には1人のスタッフ(講師)が何人かのフリー来店客を同時に相手にします。お店によりますが、来店時の混雑具合によって空いている様な時はマンツーマン状態でスタッフと英会話が楽しめます。

開かれた”カフェ”っぽいお店の空間というよりは、英語スクールがカフェスペースでフリー来店の生徒に英会話をする機会の提供をしている、と考えたほうが実際には近いと思います(※お店によりますが)。実際に、カフェとしてのみ利用する人はまず居ません。


英会話カフェ WEBから近くの地域で探してみよう

お住まいの地域に英会話カフェの店舗がないか調べてみましょう。WEBサイトを持っている店舗であれば、料金詳細等、確認できます。



英会話カフェ 雰囲気は?

英語スクールよりややカジュアルな雰囲気

英会話スクールのグループレッスンと、実際にはそれほどやる事は変わらないでしょう。ただし、雰囲気はカジュアルに、気軽に、”勉強してる感”ではない雰囲気づくりをしているところが多いです。

実際にはその時居合わせる人達とテーブルを囲んでグループディスカッションとなるわけですから、いる人の雰囲気やスタッフ(講師)の人柄で会話自体の雰囲気が決まります。ただ、実際英会話カフェのお客さんは”英語を勉強している”日本人”ですし、柄が悪いような事はまずないでしょう。また、よほどいい加減な場所でなければスタッフ(講師)が会話は仕切ってくれて、参加者みんなにある程度スピーキングの機会を振ってくれるはずです。
さて、気になる英会話カフェの”効果”はどうなのか?


ページの先頭へ