英会話 費用って実際どんなもの?

英会話の勉強には実際にどんな費用が掛かってくるのでしょうか。
今回は英会話産業のマーケットから、
人々が何に費用を使っているのかを見ていきながら、
実際に独学で英語を習得した経験より、
必要or不要、意見を記事にさせてもらいました。


英会話 費用が掛かるからやめた、がやめる理由TOP!

英会話にとって正しい費用の把握は大事

驚きです!

残念ながら英会話を勉強していても、
途中で辞めてしまう方はたくさんいらっしゃいます。
公開されている楽天の調査結果に載っていましたが、
辞める理由のTOPは”費用が掛かるから”というもの。
しかし、別ページで紹介してますが、
実際には”練習する時間と期間”は
多く必要となるものの、
お金ってそんなに掛からないです。
これは、実際に英語の習得経験があるので言い切れます。

では、みなさんが何に費用を捻出しているのか、ちょっと見ていきましょう。
下に続きます。



参考書よりも英会話スクールの消費額が上?

さて、まずは実際に人々が英会話関連で
費用として払っているものはどんなものか、
今日のマーケット調査結果からみてみます。

ある機関の”語学市場に関する調査”の2017年の結果によると、
、全体の中では英会話スクール系のサービス料が
産業の中のカテゴリーとしてはトップで、
かなりの額消費されています。
参考書等の書籍の売り上げより
10倍近く消費額を獲得しているようです。

英会話スクールが効果的かどうか、については
別ページでより詳細な意見を記事として載せていますので
チェックしてみて下さい。

英語に掛かる費用のイメージの代表が、
英会話スクールであるならば、
その費用の心配は要らないというのが私としての意見です。



私の経験から、実際に英語の習得に必要だった費用と、
こういった市場の動きからみなさんが
支払っている費用とには実際には大分違いがあります。

英会話スクール意外にもたくさんある英会話の費用の捻出先。
次のページにつづきます。


ページの先頭へ