ワーホリ 英語習得に実際どうか?

留学よりもリーズナブルに働きながら海外生活を送るワーキングホリデーですが、英語の習得の観点でいうと効果的かどうか、個人的な見解ですが記事にさせていただきました。


ワーキングホリデーは現地でバイトしながら過ごす為のビザ

ワーキングホリデービザは語学習得の為のビザではない

ココが肝心

これはあくまで個人的な意見ですが、英語習得の為にワーホリを利用するのは逆効果だと思っています

ワーホリを簡単に説明すると、”現地でバイトしてもいいですよ”というビザを持って海外生活をするいう事になります。そして、それだけです。つまり、名前からも分かるとおり、大前提として語学習得をしたい人の為に発行してるビザではないんです。

留学とちがって留学生受け入れ先となる学校が手配されているわけでもなんでもありません。つまり、現地に行ってからは完全に自分次第で生活が決まります。

ちなみに海外でのバイト経験が今後、英語系の職歴として職探し等に役立つかを考えても、残念ながら難しいでしょう。当たり前ですが、英語が離せなくてもできるようなバイト先しか実際はありません。飲食店の皿洗いやウエイトレス等が多いようです。

ですので、現地で行うバイトは生活経験にはなっても語学力の足しにはならないのが現状でしょう。ちなみに、ワーホリ経験者の大体の人の経験談内容は以下2つの内容がとても多いです。

●バイトばかりしていたので、英語の勉強は実際できなかった
●同じワーホリビザで滞在している日本人と友達になって付き合う機会が多かった



英語は海外行けばなんとかなる、とはなりません

ワーホリ経験者をたくさん知ってる人の意見です
ワーホリの実情は”とりあえず海外に行けばなんとかなる”という発想でオーストラリアに渡る人が多いと思います。そして、英語力に関しては残念ながらほとんど結果が実らず、”あれは、いい経験にはなった”、と思い出とされるパターンがはっきり言って多いです。

別ページで紹介している通り、英語が身に付く工程はとてもシンプルなものです。こなすべき量をこなしたかどうかでしかありません。どこでやるかはなんの関係もありません。

もし、この記事を読んでいただいてるあなたが、今まさにワーホリを検討中であれば、
英語の習得に効果を出したい気持ちが大事?なのか、海外での生活経験をしてみたいという気持ちが大事?なのかを、もう一度自分で考えて決めていただくと、後悔の残らない結果になるんだと思います。



以上、いかがでしたでしょうか。
この記事が役に立ったという場合は下のソーシャルリンクから応援いただけると幸いです。


ページの先頭へ