フリーターこそ英語にチャレンジしてほしい

このサイトの別ページでも紹介しているように、現在の日本では本当に流暢に英語を話せるような人材の確保が困難な状態が何年も続いています。この反面、今後どんな人達なら・・・?を考えた時、私の見解ですが、高卒フリーターのような若い人の存在が挙がってくるのです。


若いフリーターの人には英語を勧めます

英語要員の雇用機会は今後増え続ける

面白い事実!

私の企業での就業経験や今後の見通しから、若いフリーターの方達が英語を習得すると今の社会背景的にとてもマッチするように感じます。現在日本ではグローバルな仕事がプロジェクト単位で無数に日々新しく生まれており、英語ができる人材確保には難航しています。その数に対して、一部の帰国子女や留学経験者のみでは足りないのです。
自分の意志で人生を選択できる年齢で、今から英語ができるようになる余力があるのは若いフリーター層が最もフィットするように思えます。


英語を習得すると、仕事の上で強力な今後の”糧”となる

さらに、考えてみましょう

少々、世の中の突っ込みづらい部分に触れますが、多くの大卒の新卒採用組の場合、一度企業に入社したらやっきになって語学力を磨くような”必要”が人生の上でそれほどありません。

ですが、フリーターの人の場合は今後の潰しとなのような”何か”を求めるのはとても自然な事です。私はその一つとして、”英語”は今の社会にとてもマッチする”と思っています。

これは、個人的な見解ですが、新卒採用意外の雇用であれば、何歳から入社しようがそれほど差がありません。ですので、じっくり英会話力を身につけてからその技能にマッチした本格的な就職、という運びが選択肢としてはある事をフリーターの人には紹介したいのです。



フリーターに英語を勧めたい他の理由

今までの”会社の中でみんなで右習え”では日本は競争できなくなる

個人的な社会コラムのような記事となりますが、現時点で日本の”従来の組織志向”ではもはやあらゆる産業が衰退の道を辿るであろう見通しが毎日のように新聞の社会面等で問題視されています。

昭和から初期の平成の頃であれば”組織思考”でみんなの調和を重んじる日本の風習・あり方が日本の強みであり、正解だったと思います。短順に、これからは ”それ以上が求められる”時代に既に突入しているという事です。

しかしながら、従来型の組織志向は相変わらず根強い考え方・風習であり、簡単には変わりません。ですので、フリーターのような若い人達が今後”従来思考”の企業と切磋琢磨する日本の働き手の基盤として成長すると望ましいわけです。そのグラウンドの一つとして”グローバルな仕事”があるのは時代としては必然なわけです。

このサイトにはどうすれば流暢は会話力がきっちりと身に付くのか、無料で情報提供しています。
是非ご覧いただいて、「できそうだな、」と思っていただけたらこれをきっかけに英語の習得にチャレンジしてみてください。



以上、いかがでしたでしょうか。
この記事が役に立ったという場合は下のソーシャルリンクから応援いただけると幸いです。


ページの先頭へ