英語ができる人口増加は日本の社会では難しい?

今回は英語が義務教育から加わっていながら、留学生か帰国子女でなければほとんど英語を話せる人の居ない日本のおかしな部分について考える記事となります。


英語人口が増えないのは社会的な背景もある

新卒採用至上主義の受験学歴文化には英会話習得期間の余地がない

考えてみると面白い

日本の社会は未だ、学歴文化の元、大学から新卒採用という方法で就職を考えるのが理想的とされる風習が根強いのは相変わらずと言えます。
この”理想とされる安定路線”意外の人生の、世間一般的な”選びづらさ”的なものを改善する事が英語人口の増加には必要だと感じます。


一般的な進学、就職コースの人生選択だと語学習得はそもそもハードルが高い

別ページでも紹介のとおり、英語の習得、言語問わず外国語の習得には時間が掛かります。一般的に言って、就職までの間に確かの英会話力を養うだけの時間の余地がありません。

自分の意志で進路を考えたりする年齢というのは、現実的には高校生以上からでしょう。今の日本には、学生が英語を学びたいと意識が芽生える年齢と就職を決めなくてはいけないとされる年齢との期間が 語学の習得に実際かかる時間を考えると、時期が無さ過ぎるのです。そして、なんであれ新卒採用時期を棒に振る不安と計りに掛けると、語学習得は選べないのが普通でしょう。実際、独学の英語習得経験があるサイト管理者の私自体、一般的な新卒採用コース意外の人生を早い段階で選択した人間の一人です。

これからは、親や周囲の意志でなく、自分の意志で英語を学ぶ事を選ぶ人が増え、実際に技能の伴った人材がより実社会でグローバルに活躍できる社会が今より整うべきだと感じます。日本がグローバルに外国と切磋琢磨するには、この社会的背景の部分にどうしてもテコ入れをしてほしいと願ってしまいます。



英語習得 社会背景を考えると政府になんとかしてほしい

考えてみよう
実際、新卒採用時期を犠牲にせずに英語習得できるとしたら、価値ある青春を犠牲にするしかない?
私は、この問題が若い人が英語習得を考える上で、最も大きな弊害に現状なっていると思います。一般的に学生時代をストイックに英語の勉強に費やす事は極めて選びづらい選択だと思いますし、独学の英語習得経験のある私個人の意見でも、貴重な若い頃の思い出作りや友達・恋人と過ごす期間はとても大事だと思っています。

”世間と調和する幸せの価値観”、と”英語の習得に必要なもの”、が相対しているのが残念ながら日本での現状だと思います。

英語習得者の増加には義務教育段階からの改革や、企業側の英語技能者の例えば採用時期の特例化だったり、世間的な理解がまだまだ必要であると感じます。

なお、私がこのサイトで情報を提供するのも、英語を学ぶ人へ、今回記事にしたような事の理解に少なからず貢献できればと考えての事です。


以上、いかがでしたでしょうか。
この記事が役に立ったという場合は下のソーシャルリンクから応援いただけると幸いです。


ページの先頭へ